HOME > 回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟のご案内

回復期リハビリテーション病棟とは,脳血管疾患又は大腿骨頸部骨折,外科的な手術などで急性期の治療を終えられてもまだ,医学的・社会的・心理的なサポートが必要な患者様に対して,多くの専門医療職種がチームを組んで,体力や機能回復するためのリハビリテーションを集中的に行い,心身共に回復した状態で自宅や社会,地域へ復帰して頂くことを目的とした病棟です.専門医療職の各担当スタッフが,寝たきりにならないように起きる,食べる,歩く,トイレへ行く,お風呂に入るなど(これらを「日常生活動作(ADL)」といいます)への積極的な働きかけで改善を図り,復帰を支援していきます.

入院期間・リハビリテーション期間

入院できる期間は,疾患や病名によって下記の表のように日数が決められておりますが,
実際には,患者様の状態やご希望,また退院先の状況によりそれぞれ異なりますので,主治医やスタッフと相談しながら決めていきます.

厚生労働省が定める回復期リハビリテーション病棟入院基準
対象疾患
発症からの期間
入院期間
脳血管疾患(脳梗塞・脳出血など),くも膜下出血のシャント術後,脳腫瘍,脳炎,急性脳症,脊髄炎,多発性神経炎,多発性硬化症,腕神経叢損傷(わんしんけいそうそんしょう)等の発症後もしくは手術後,又は義肢装着訓練を要する状態
2か月以内 150日
高次機能障害を伴った重症脳血管障害,重度の頸髄損傷及び頭部外傷を含む多部位外傷
2か月以内
180日
大腿骨,骨盤,脊椎,股関節もしくは膝関節の骨折,又は
2肢以上の多発骨折の発症後,又は手術後の状態
2か月以内
90日
外科手術又は肺炎などの治療時の安静により廃用症候群を有し,手術後又は発症後
2か月以内
90日
大腿骨,骨盤,脊椎,股関節又は膝関節の神経,筋又は靭帯損傷後
1ヶ月以内
60日
股関節又は膝関節の置換術後の状態
1ヶ月以内
90日
リハビリテーション時間1日最大3時間(1単位=20分)までと長時間のリハビリが認められています.患者様の体の負担を考慮しながら,1回を20分や40分と短く数回に分けたり,60分を3回行うなど組み合わせて行うことも可能です.入院して行うリハビリのメリットは,最大3時間のリハビリ訓練だけでなく,起床から就寝までの間,食事や着替え,歯磨きや整溶,排泄も含めた生活そのものをリハビリととらえたサポートが受けられることにあります.

院内の様子

大雪山系の山々が見える、最上階で見晴らしの良い広々とした明るい室内で治療に専念できるリハビリテーション室


3階にある明るく開放的な病棟.デイルームはゆったりとした広さとテレビも完備でくつろぎの空間

当院の回復期リハビリテーションについて

当院では,理学療法士(PT),作業療法士(OT),言語聴覚士(ST)とリハビリのエキスパートが従事しており,患者様,ご家族の希望を入院前後に聞き取りをさせて頂き,入院にあたっての方向性を主治医と相談しながらリハビリ内容を決めていきます.リハビリは20分単位で一日最大3時間.住み慣れた自宅や社会,地域へ戻る為,トイレ移動や入浴動作等の日常生活動作,買い物や旅行が安心して行える身体活動の獲得へ向けたリハビリを行っていきます.また,介助が必要な場合には,介助者へ適切な介助方法の助言も行い,事故に繋がらない生活支援についても適宜相談対応をさせて頂いております.
更にご希望に応じて,入院直後や退院前にご自宅を訪問させて頂き,自宅改修や福祉用具の助言も実施致します.
回復期リハビリテーション病棟への入院のご相談及び病棟見学は,お気軽にご連絡下さい.
【担当:原子】