HOME > 循環器内科

循環器内科

当院では,2015年7月より心臓カテーテル治療専門医師を迎え,循環器内科を開設致しました.道内でも数少ない低被爆の最新鋭心臓カテーテル検査装置や冠動脈の詰まりを発見するマルチスライスCT(冠動脈CT)を新規導入することで狭心症や心筋梗塞,心不全といった心臓病の早期発見を可能にしました.

循環器内科で行われる主な検査

道内でも数少ない低被爆の最新鋭心臓カテーテル検査装置を使って心臓の検査・治療を行います.
機械の中をくぐり数十秒ほど息を止めるだけで,心臓を取り巻く血管(冠動脈)の狭窄や詰まりを発見します.

その他にも・・・
心電図検査
心臓の電気的な流れを観察します.狭心症,心筋梗塞,不整脈,心肥大等で特徴的な形になります
胸部レントゲン検査
主に心臓の大きさ,肺の血管,胸水の有無を診ることで心不全や心臓弁膜症がわかります
血液検査
心臓の病気は糖尿病,高脂血症など他の病気との関わりが深く血液検査が必要となります
ABI/PWV (血管年齢)検査
動脈硬化の程度,血管の硬さや詰まりを調べます.動脈硬化の進行に伴う下肢の血行不良を調べる事ができます
心臓超音波検査
超音波を使って、心臓の動きや心臓の弁の動き、心臓の血液の流れを調べます.体の表面から調べる心臓エコーと食道を介して心臓を近くから心臓を診る経食道心エコーがあります.
頸動脈・甲状腺・腹部超音波検査
脳に繋がる血管である頸動脈や脈の調節にも関連のある甲状腺,高血圧に関連のある腹部血管を調べます
ホルター心電図検査
24時間の心電図波形を調べることで,日常生活内での心臓の波形を調べる事ができ,不整脈や狭心症を発見できます
運動負荷心電図
狭心症や不整脈を運動によって誘発させ調べたり,心臓病の方がどの程度運動可能かを調べます.

睡眠時無呼吸症候群の検査

睡眠中に何度も呼吸が停止し,熟睡が出来ない病気,「睡眠時無呼吸症候群」をご存知ですか?今やテレビや雑誌などでも注目されているこの病気は様々な合併症を引き起こし,二次性高血圧の原因の一つでもあります.当院では自宅でセンサを取り付けて寝るだけの簡易な検査から必要に応じて精密検査を実施しております.下記に当てはまる方は,ぜひ一度,検査を受けることをお勧め致します.

  1. 就寝時,大きないびきをかく
  2. 就寝時,息が止まったり呼吸が乱れる
  3. 就寝時に何度も目が覚めたりトイレに行く
  4. 日中,眠気が強く記憶力や集中力が低下する